RSS

オープンデパート朝市


   
 

■海洋文化センター:開催時刻、曜日変更

10月の海洋文化センターでの朝市の開催時刻は日曜日 8時-12時 です。
日岡山公園/加古川ウェルネスパークは7時-11時です。よろしくお願いします。


■今週の朝市 

10月 24日(水) 日岡山公園の朝市はお休み 

10月 27日(土) 7時 - 11時 加古川ウェルネスパーク

10月 28日(日) 8時 - 12時 加古川海洋文化センター

※台風や警報などの場合の中止は「朝市安全基準」を元に判断します。
安全基準はこちら→


【ピックアップ情報】

・10月28日(日)海洋文化センターで、絵本の読み聞かせ 10:30〜を予定しています。  

【フレッシュダイレクト】
※8:00までは早朝割引を開催(海洋文化センターは9:00まで)
※これからの鍋にぴったりの、各種キノコが入荷しています。


・オクノの卵:Lサイズのたまご
・武田農園(稲美町):オクラ
・とまとや中村阮(稲美町):ミニトマト・トマト(贅沢)・ニンニク(上海早生)
・平松農園(長野):りんご(秋映・シナノスイート)
・三五屋青果(姫路):ブラウンえのき・あわび茸・山なめこ・はなびら茸・キャベツ・白菜・小芋・レンコン・玉ねぎ・ジャガイモ・栗・ミカン・ピオーネ・柿・わけぎ・平茸・枝豆・ クイニーナ・紫芋


【出店情報】

■2018年10月24日(水) 日岡山公園の朝市はお休みします 


■2018年10月27日(土)  7時から11時 加古川ウェルネスパーク

ハニハニ  完全自家製国産蜂蜜、蜂蜜を使ったホットサンド、ドリンク
nipanima-yu(ニパニマーユ)  国産小麦のベーグル
料理家 迫田  焼き豚、トルティーヤ
Sri Anna ハンドメイドバック、ポーチ
苔インテリアショップ Wind Wing  苔テラリウム・苔玉、ワークショップ
・今津商店 鮮魚、干物、切り身などの魚
・朝市モーニングセット(300円/500円)

■2018年10月28日(日) 8時から12時 加古川海洋文化センター

かばくんカレー  お野菜の旨味を活かしたカレー
and 365日ポスターグッズ、Tシャツやポストカード、缶バッチ
料理家 迫田  焼き豚、トルティーヤ
sunny's cafe 純粋はちみつのフレンチトーストとクロックムッシュ、ドリンク
・朝市モーニングセット(300円/500円)



開催日程

■出店者さんのスケジュールはこちら 



朝市について

「オープンデパート朝市」は2017年6月3日(土)からスタートしました。 週末の朝お出かけ前にちょっと立ち寄って、風を感じながら朝ごはんを楽しんだり、 旬の野菜や果物を味見しながら、今この時だからこそ味わえるおいしさを感じたりと、みなさんの「日常のひとこま」になるような市場を目指しています。

【フレッシュダイレクト】
ムサシのフレッシュダイレクトは『新鮮がうまい』をモットーに、近郊野菜や果物の採れたてをお届けします。また季節を感じる風物詩となるものをお届けします。

【モーニングセット(セルフサービス)】

■300円 /500円のモーニングです。500円セットのサンドイッチは、日により種類が異なります。
・300円セット:ニシカワパンまたはビオラのパン、オクノのゆで卵、飲み物
・500円セット:サンドイッチ(各種あり)、オクノのゆで卵、飲み物

パン、飲み物は100円で、サンドイッチは300円で追加可。飲み物はオリジナルブレンドコーヒー、りんごジュース、水出し加賀棒茶(和食の時)からお選びください。

 ※スタッフが撮影した画像や映像はEINSHOPのウェブサイト、メールマガジン、SNS 等に掲載させていただきます。ご了承をお願いします。





開催時間、交通アクセス

【日 時】毎週水、金、土曜日(雨天決行)場所により開催曜日が変わります。
・夏期(4月-10月) 7時-11時(海洋文化センターは、8時‐12時)
・冬期(11月-3月) 8時-11時

【場 所】
加古川ウェルネスパーク 林間駐車場北側エリア又は、正面玄関前
〒675-0058 加古川市東神吉町天下原370 ※無料駐車場あり
 ・アクセスマップ→http://bit.ly/2rzfpNT

日岡山公園 エントランス広場
〒675-0061 加古川市加古川町大野1682 ※無料駐車場あり

加古川海洋文化センター
〒675-0136 加古川市別府町港町16 ※無料駐車場あり

【主 催】各開催会場
【協 力】株式会社ムサシ





出店者募集のご案内

 旬の野菜・果物の販売を中心に、朝ごはんやブランチが楽しめるカフェもオープン。生活雑貨などの販売のほか、時にはワークショップも開催します。どんな朝市になるかは毎回来てのお楽しみ。お客さまもスタッフも、みんながワクワクできる市場を一緒に作ってくれる出店者さんを募集しています。

■出店募集要項はこちら(こちらをお読みいただき、以下のフォームからご応募ください)
http://bit.ly/2qZGCFN

■出店応募フォームはこちら
http://bit.ly/2ipdRmH

※生産者の方はお電話や直接売り込みも可能です。



テント下のテーブルレンタルを始めます

朝市や夜市の開催時間中、会場で使用している白いテントの下に配置している机と椅子、スペースを貸し出します。

朝市では朝活で読書会、手芸クラブ、ゆっくりとおしゃべり、スタッフ会議など、外の空気を吸いながらの時間をお過ごしいただけます。夜市ではご家族や友人との特別席として。

金額は1テーブル(144センチ × 72センチ)、1時間につき1,000円です。
※試験的運用のため設定は後日変更する可能性がございます。

申し込み、お問い合わせは 080-3848-1264(福島携帯)またはfukushima@musashi-mfg.comまで。お気軽にどうぞ!





朝市インタビュー

【筒井さんファミリー編】


 朝市の常連である筒井様ご一家。奥さんの美佐子さんは、出店者であるニパニマーユさんの強烈なファンである。

 筒井さんファミリーは4人家族。だんなさんと娘さん二人という家族構成だ。

 ニパニマーユさんのベーグルを買うために、まずは次女がお母さんと一緒に先にくる。長女がこない理由はソロバン教室があるから。ソロバンが終わったところをお父さんが迎えに行って、ようやく4人が朝市に揃う。

→つづきはこちら



【仲良し6人組編】

 2017年6月に朝市を開催して以来、ほぼ毎週顔を出してくださる仲良し6人組のご婦人たち。メンバーは阿部小枝子さん、金澤俊子さん、藤岡スズ子さん、山田美久子さん、長谷川博美さん、永井和代さん(一人はこの日はおやすみでした)。

 皆さんは当然、スタッフや出店者と顔見知りになり、たまに顔を見られない時は何かあったんじゃないか心配するほど。2月のある土曜日にメンバーが誰一人として来なかった日があったので気になっていたら、翌週に「その日はみな、朝から恵方巻きを作っていたのよ」と笑いながら答えてくれた....

→つづきはこちら




掲載情報

Daytona(デイトナ)(No.324:2018年6月号)
・神戸新聞(2018年05月02日朝刊)
Piece of Kakogawa(2017年12月:加古川市の広報誌)
奥さま手帳(2017年11月号:神戸新聞社)
神戸新聞(2017年09月22日朝刊)
神戸新聞(2017年06月01日朝刊)
 

朝市では事前または開催日当日の取材をお受けしております。詳細は下記まで お問い合わせください。

(株)ムサシ マーケティング事業部
〒675-1232兵庫県加古川市平荘町里551-1
TEL: 0120-974-470[平日17時まで]
MAIL:einshop.asaichi@gmail.com

ページトップへ